子供が読書をすることを習慣にするためには

子供にはぜひ読書をしてほしいと思う親は多いでしょう。では本を読むことを習慣化させたいならどうすれば良いでしょうか。それにはまず、子供に「本は楽しい」と思わせてあげることが大事です。子供は楽しいと思うことは進んでやりますから、読書が楽しいものだと分かれば自然と習慣になります。
ただしここで注意したいのは、子供が自ら楽しいと思う本を読むことが大事なのであって、大人が読んでほしい本を強く勧めない方がいいということです。大人は、子供が本を読むにあたり、役に立ちそうな本を読んでほしいと思いがちです。知識が増えそうだとか、感動しそうだとか、大人の尺度で子供の読む本を決めない方が良いでしょう。
もちろん、親は子供に「こういうふうに成長してほしい」という願いはあるものですし、それを促すための本を子供に勧めるのは悪いことではありません。しかし、読書習慣が身につかないうちにこれをしてしまうと、子供にとって本は自分から進んで読むものというより、大人から与えられるものだと思ってしまうかもしれません。そして興味のない分野の本を読むのは子供にとっては楽しくないことですから、読書自体が嫌になってしまいかねません。
そうならないために、まず子供に何でもいいので好きな本を1冊選ばせて読み切ることから始めてみましょう。最初は漫画でも構わないですし、図鑑でも良いのです。子供がその時一番興味のある本を自分で選んで、最後まで読むという経験をすることが大事です。
そして1冊読み切ることができれば、本を読むことに自信もつきます。興味のある分野の本なら楽しんで読めるでしょうし、同じ分野のまた別の本も読みたくなるはずです。それが漫画だと、「また漫画ばかり読んで」と言ってしまいたくなるかもしれませんが、そこは言葉を飲み込みましょう。親は子供の好きな本を否定せず、進んで本を読んでいるならそれを見守りましょう。そしてその本の何が面白いのか感想を聞いてみるとさらに子供が興味をもってくれるきっかけになりそうです。
それを続けていくと、本を手に取ることが自然になっていくのではないでしょうか。そこまで来たら、本を読むことに抵抗はなくなっているでしょうから、子供が自分では選ばないようなジャンルを敢えて親から紹介してあげても良いかもしれません。大事なことは、子供が主体的に本を楽しむことなので、まずは子供が好きになれる1冊を探すことから始めると良いでしょう。